遠投カゴ釣りしま専科

堤防からの遠投カゴ釣りでマダイを釣ろう!

アタリの合わせ方

・合わせは必要

海釣りは向こう合わせで良いなんてことも聞きますが、合わせをするのとしないのとでは針掛かりが全然違います。アタリがあったら必ず合わせをするようにしましょう。

・大きな動きは必要ない

合わせを行う際は、竿を大きく煽っての合わせは必要ありません。クイッと上にあげるぐらいで十分針掛かりします。むしろ大きく煽ってしまうとアジなど口が弱い魚は口が切れてバレてしまいます。

針をさわってみると分かると思うのですが、針はかなり鋭利です。ちょっとしたことで自分が釣れたこともあると思います。掛かれば良いだけなので、ちょっと抵抗を与えてあげるだけで大丈夫です。

魚に針を掛けるということを意識して合わせましょう。

ただし、これは針のサイズや形状によって変わってきます。細長いチヌ針は軽く合わせるぐらいで大丈夫ですが、短いグレ(メジナ)針は大きく合わせないと針掛かりし難い印象です。

また、大きいタイなど口の強い魚は強めに合わせないとシッカリと掛らずにバレてしまうので、一度合わせた後に追い合わせをしてシッカリと掛けるようにします。

・垂らしに注意

投げたあと、糸フケを取る癖を付けておきましょう。カゴが着水した時に膨らんだ糸フケを素早く取り、またベールを外して糸を流します。糸フケを取った後にそのままにしておくと、カゴが棚に落ちるときに手前に寄ってきてしまうので、必ずもう一度糸を流します。

カゴが棚に届いてウキが立ったら、ある程度の垂らしは残して待ちます。垂らしが長すぎると合わせられないので、必ずある程度にしておきます。糸がPEの場合はナイロンよりも張り気味にしないと合わせられない印象です。

伸縮性はPEの方がないので反応は良いはずなんですが、軽くてナイロンよりも糸フケが出やすいので見た目以上に糸フケが出ているのだと思います。

実際にアタリを取り、7〜8割は合わせられる張り具合を覚えて下さい。張りすぎると手前に寄ってきてしまうので、合わせられる張り具合とします。

潮に乗って沖に流れるようならその分だけまた糸を流していきます。流れる際は糸が張っていくので、張り具合をみて流すようにします。

隣の人との間隔にも注意して下さい。邪魔にならない程度に流すようにしましょう。

・合わせのタイミング

基本はウキが沈んでからです。チョイチョイッと刺餌を突いているときは我慢です。突いているぐらいのときもウキの感度が良ければ反応がわかると思います。

そんなときはウキの動きに集中して沈むのを待ち、大きく沈んだところで合わせます。

魚によって合わせるタイミングも変わってくるようですが、僕は基本早合わせをしています。ウキが沈むと即合わせですね。

・意外と大物も

大物はバクンッと喰って合わせも必要ないぐらいのことが多いですが、合わせてみると意外と大物だということもあります。

もちろん餌取りの場合もありますが、刺餌を食べられると魚はもう掛からないので、ウキの感度を良くして餌取りも合わせ、手返しを早くすることが釣果につながります。 

Copyright(c) 遠投カゴ釣りしま専科 All rights reserved.
BTO BTOパソコンのランキング
室内ラジコンヘリコプター&飛行機入門 スマホカバー