遠投カゴ釣りしま専科

堤防からの遠投カゴ釣りでマダイを釣ろう!

遠投カゴ釣り用ハリス選びのポイント

・ハリスは最低1.5号

ハリスで重要なのは号数と長さ、それから針の形状です。幹糸、ハリスの号数は最低1.5号、僕は通常3号を使っています。

1.5号でも30cmぐらいのマダイ、メジナ(グレ)、ボラなど釣れますが、50cmクラスのウスバハギが掛かったときは3号でもタモ入れのときに反転されブチ切られました。

このときは予備の4号で問題なく釣りあげたのですが、4号でもハリスは噛まれてガジガジになっていたので、勝負が長引けば切られていたかも知れません。

大物が回遊しているとき用に4〜5号のハリスも用意しておきましょう。60〜70cmクラスのマダイが釣れたところを見たことがありますが、5号ハリスを使っているとのことでした。それでも何度か切られたそうです。

最初から4〜5号のハリスを使っていると、根掛かりしたときに道糸まで切れてしまうので3号までにしておいた方が良いと思います。

幹糸は3号でも枝ハリスは1.5号とかの仕掛けもあるので注意して下さい。針はチヌ針3号を基本にしています。

喰いが渋い時は2号がオススメですが、2号は弱いので大物が掛るとハリスが切られるのと、餌取りにかじられてスグにガジガジになるので持ちが悪いですね。

・長さは基本3m

マダイ狙いの場合、ハリスは長ければ長いほど良いと言われています。僕の行く釣り場の常連さんは6mのハリスを使っていました。

僕はそこまで長いハリスは扱えないので、5m竿のときは3mの2〜3本針、6m竿のときは4.5mを基本にしています。枝は15cmぐらいが扱いやすいですね。25cmぐらいになると枝針の絡みが多くなり、手返しが遅くなってしまいます。

短い方が扱いやすいので、最初は1.5mぐらいから初めて長いハリスに変更していけば良いと思います。
魚が掛かる時は2〜3本針でも大抵一番下の針に掛かるので、やはり長いハリスの方が有利なのかなと思いますが4.5mのときは3m付近にある針にも結構掛ります。

天秤、クッションゴムもあるので、仕掛け自体の長さはハリス+80cmぐらいになります。

・針はメジナ(グレ)針ではなくチヌ針

針の形状でも釣果が違うように思います。メジナ(グレ)針は短く太く、チヌ針はスラッと細く、長い形状をしています。このスラッとした針の方が掛かりが良いように思います。

メジナ(グレ)針はアタリに合わせても外れることが多い印象ですね。針の形自体は小さいので、小さい魚には有利だと思います。

     

メジナ(グレ)針
短く太い
  チヌ針
細く長い

真鯛王2本仕掛 HF−106 鈎8号−ハリス3号

・棚取り用に細いハリスも用意

マダイを狙うときは基本底を狙います。デカいマダイは中層にいるという話も聞きますが、50mほどの深い場所ならともかく、25mぐらいのところであれば底狙いで問題ありません。

中層のマダイもコマセを追って底に来るイメージです。

堤防から遠投できる50〜70mぐらいの距離となるとそんなに深い場所はそうそう無いと思います。
30〜40cmぐらいのマダイが釣れたら棚を2〜3m上げたり、中層を狙ってみるぐらいで良いと思います。

底を狙うときに一番大事なのが、投げる場所の実際の底がどれぐらいなのかです。こればっかりは試してみないとわかりません。

棚の取り方はこちらを参考にして下さい。

遠投カゴ釣りしま専科-棚の取り方
 

Copyright(c) 遠投カゴ釣りしま専科 All rights reserved.
BTO BTOパソコン.com
室内ラジコンヘリコプター&飛行機入門 スマホカバー
マリオカート8 攻略 パソコン通販