遠投カゴ釣りしま専科

堤防からの遠投カゴ釣りでマダイを釣ろう!

棚の取り方

・基本は底

マダイを狙うときは基本底を狙います。デカいマダイは中層にいるという話も聞きますが、50mほどの深い場所ならともかく、25mぐらいのところであれば底狙いで問題ありません。

中層のマダイもコマセを追って底に来るイメージです。

堤防から遠投できる50〜70mぐらいの距離となるとそんなに深い場所はそう無いと思います。
30〜40cmぐらいのマダイが釣れたら棚を2〜3m上げたり、中層を狙ってみるぐらいで良いと思います。

僕は底まで23〜24mぐらいのところで15〜23mほどを狙います。

・棚取り用は細ハリス

底を狙うときに一番大事なのが、投げる場所の実際の底がどれぐらいなのかです。こればっかりは試してみないとわかりません。

棚の取り方は至ってシンプルです。ハリスの先に錘を付け、道糸のスナップ付きサルカンへ繋ぎます。このとき、天秤やカゴ、クッションゴムは外しておきます。


下にもスナップ付きサルカンが付いているハリスを道糸のスナップ付きサルカンと直結。下側のスナップ付きサルカンに錘を付ける。ボビン巻きのラインに錘を付けても可。

あとは投げてウキが立ったらまだ底があるということなので、ウキ止めの位置を深くします。ウキが寝たままなら底に付いているということなので、ウキ止めを浅くします。

これを繰り返し、底から50cm〜1mぐらい上げたところからスタートですが、そこから手前の底がどうなっているのかも調べます。投げた後、5〜10mほど巻いてしばらく止めてから糸を流し、底を取ります。

この時にウキが寝るようなら手前側が浅くなっているということです。かけあがりと言って狙い目ではありますが、そのままでは手前に巻いてくるときに根掛かりするので、手前の底にウキ止めの位置を調整するか、手前が浅くなっているということを意識して釣りを行うようになります。

その場合は手前に巻くときに竿を立てて素早く巻くようにし、底に付けないことが大事です。

棚取りをするときは根掛かりは付きものなので、必ず天秤やカゴ、クッションゴムは外しておくことと、ハリスは号数を落として切れやすくすることが重要です。

また、ハリスの一番下にスナップ付きサルカンが付いていて錘が付けられるかどうかも重要です。スナップ付きサルカンがないと糸と錘を繋げる作業が必要になってしまいます。

棚取り用のハリスは枝針は根掛かりを避けるためにすべて切ってしまってもかまいません。あるいは、糸だけ買って錘を付けても大丈夫です。

最後に付け変えるハリス、天秤、クッションゴムの長さも計算してウキ止めの位置を決めて下さい。

・棚の変更

基本スタートは底からですが、長い時間アタリがなければ棚を徐々に上げていきます。餌取りが居ないのはそこに魚がいないのか、デカイ魚が居るかのどちらかですが、長い時間アタリがなければ居ないと思って良いと思います。

棚は1.5mぐらいずつ上げていき、餌取りやアタリがあればしばらくその棚で釣ります。

20〜30cmぐらいのマダイは餌取りと一緒にいることが多いので、餌取りが居れば釣れると思います。
それまで餌取りが居たのに挿し餌が残るようになればチャンスです。

大きな魚が近くに居るかも知れません。

底から中層までを探り(僕は24m前後の底の場所で、15〜23mぐらいを探っています)、餌取りも居なければ場所を変えます。

左右5mはすでに探っていると思うので、少なくとも10mは移動します。このときも棚は底からスタートです。
場所が変わると底までの距離も変わってくるので、もう一度底を測り直します。

何度も通えば多くの場所で底までの距離が分かってくるので、手返しも早くなり、根掛かりも少なくなってきます。
 

Copyright(c) 遠投カゴ釣りしま専科 All rights reserved.
スマホカバーのケース屋さん パソコン通販.com
ラジコンヘリコプター BTO
マリオカート8 攻略 BTOパソコン.com