遠投カゴ釣りしま専科

堤防からの遠投カゴ釣りでマダイを釣ろう!

2010/11/11

遠投カゴ釣り仕掛け

・竿/CROSS VERGE エレガント ISO 4-400 遠投
・リール/シマノ エアノスXT 8000
・道糸/ナイロン6号150m
・ウキ/
遠投カゴサビキ 10号
・カゴ/蓋付きステンレス 15号 56.25g
・天秤/30cm
・クッションゴム/太さ2mm 50cm
・ハリス/イサキ針3本 3m

棚/ウキ下23m(ハリス込み。針まで)。底24m前後
距離/堤防から30〜50m付近
時間/07:30〜13:00時頃

マダイ 48cm 29cm 28cm
イシダイ 30cm
メジナ 37cm

遠投カゴ釣り釣果レポート

先日釣りに行ったばっかりではありますが、今日を逃すとしばらく行けそうになかったのでまたもやいつもの堤防にマダイを狙って釣りに行ってきました。

ウチは下の子供(ウスバハギを持っている子)がマダイが大好きで、いつもは刺身にするのですが前回釣ったタイを茶漬けにしてあげたところ大ウケ。「今日のご飯何?タイ?」と何度も聞いてくるので、早めに釣りに行こうとも思っていました。

今日の課題はウキとカゴのバランスです。

・いきなりのトラブル

堤防についたのは午前6:00頃。日の出の時刻も大分遅くなったもので、まだ現場は暗めでした。
先日は友人に譲ったいつものポイントにかまえてまず一投。巻き上げるときにちょっとリールが固いなと思ったのですが、気にせず二投したところ、リールの巻き上げが全然できなくなってしまいました。

なんだこれ?

と思ったものの力ずくで巻くと柄が折れそうだったので、スプールを手で回して何とか巻き上げ。
70mぐらい投げていたので巻き上げ途中2ヵ所ほど絡んでしまったのですが、ここで直してると釣る間がないと思いそのまま放置。

いつも必ず予備の竿を1本は持って行くようにしているので、予備の竿を出して釣ることに。

丁度先日の友人用にこの堤防の棚に合わせてセットしていたので、天秤等仕掛けを付け変えるだけで準備完了。
先日の友人は普通の磯竿しか持っていなかったのでガイドが小さく、ウキ止めが引っ掛かって投げられなかったら竿を貸してあげるつもりだったのです。

この竿は5000円ぐらいと安かったので買った4号-400cm 遠投の竿で、普段は嫁さんが使っています。

4号ではあるものの、安いだけにコシがなく、インプレッサと比べると3号竿ではないかと思うほど。
その分、軸が細く、長さが短いので女性でも扱いやすく、嫁さんは気に入って使っています。

最近僕は使ってなかったので、飛距離が足らなければリールの載せ替えだなと思いながら投げてみたところ、追い風も手伝って50〜60mぐらい飛んでくれました。

リールはエアノスXTの8000番。ナイロン6号を150m巻いたところなので、道糸も問題なし。

これなら戦える!

ということで、一応インプレッサからリールは外したものの、予備竿で釣ることに。
今日の課題はウキとカゴのバランスなので、15号カゴ(56.25g)にいつもの棒ウキではなく、釣研の遠投カゴサビキ 10号をセット。

以前10号反転カゴ(56.25g)に使用した時に感度が良かった記憶があったため、このウキをチョイスしました。

・スタートは25cmオーバーのマダイ

最初に釣れたのは25cmオーバー(堤防での目測)のマダイ。子供とマダイを釣ってくる約束をしていたので、とりあえず一安心。時刻は7:30頃。

棚は底にセットしていたので、もう少し大きなマダイが下りてこないかと思って同じポイントを攻めていたところ、8:30頃にまたウキが沈んで早合わせ。

少し待って掛かったかどうか確認すると、ウキが上がってこなかったので掛かったと思い、もう一度合わせるように軽く竿を上げてからテンションを掛けていくことに。手応えが良かったのでこれは大きいんじゃないか?と思ったものの、いつもより竿が軟らかいということもあり、半信半疑、バラさないように慎重に一定のテンションが掛かるように巻き上げとイナシを繰り返し、浮かせていきます。

ウキが見えたので覗いて魚体を確認すると・・・デカイ。しかもマダイだ。

真下に来ると潜られるので、横に流しつつ浮かせていく。

タモをどうする? とりあえず左右を確認。両隣ともに少し距離がある。
助けを呼ぼうかと思ったものの、何とか一人でやってみることに。

大きなマダイは浮かせるとおとなしい印象があるので、とりあえず空気を吸わせて固定してみる。抵抗なし。
イケる! タモを入れると裏側へ逃げられたものの、裏側から入れてもOKでしょ。と思いタモへ誘導。

入った瞬間に持ち上げて見事確保できました。上げてみると40cmオーバーは確実な良形のマダイでした。

もっと大きいのが居るかもと棚を上げてみようとしたのですが、ウキ止め糸が動かなくて断念。
使っていくと緩くなるので、最初はいつもキツめにしてるんですよね。

また下りてくることを期待して同じポイントを狙うも不発でした。

・その後も順調

とりあえずポイントを右へ5mほどズラして釣っていると、ウキが微妙に反応。軽く沈むものの合わせられずに餌を取られるという状態が何度か続きました。

何かは居る。

とにかく同じポイントを攻め続け、ようやく掛かったのは25cmオーバーぐらいのイシダイでした。
時刻は11:30頃。なかなか元気の良いイシダイでした。

まだ居るかもと同じポイントを攻めていると、またもやウキが沈み早合わせ。
こいつは大きいかも?と思って浮かせていくと、30cmオーバーなサイズなものの我が家では喜ばれないメジナでした。

放流しようとしたところ、針がエラに掛かっておりなかなか取れず、そうこうしているうちに血管が切れた模様。
お持ち帰りすることに。

結局もう1匹25cmオーバーなマダイを追加して15:00頃納竿。

・釣果

マダイ 48cm 29cm 28cm
イシダイ 30cm
メジナ 37cm

・課題の結果

ウキとカゴのバランスは微妙でした。感度が良いとは言い難いですが、感でなんとか合わせられるレベルです。
豊後桜には及ばないものの、棒ウキよりは良いかなぁといった感じです。

12号のウキも購入しているので、もう少しテストをしてみたいと思います。

Copyright(c) 遠投カゴ釣りしま専科 All rights reserved.
BTOパソコンショップ BTO高知 BTOパソコンショップ 評価と比較 パソコン通販.com
室内ラジコンヘリコプター&飛行機入門 自作パソコン本舗